スポンサーリンク

カワハギ(かわはぎ)

スポンサーリンク

カワハギ(かわはぎ)

カワハギ(かわはぎ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 80(kl) 18.8(g) 0.1(g) 0(g) 13(mg)
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 2(μg) 0.02(mg) 0.07(mg) 0(mg) 0.2(g) 0(mg)

カワハギ(かわはぎ)の栄養と効用

カワハギは、フグ目カワハギ科に属する魚です。初夏の頃が旬の時期で、口が小さくて歯がとても丈夫なカワハギは、ちょっとユニークな顔つきをしています。斑点模様をしていますが、天敵から身を守るために色が変化します。皮が固くてそいで食べることから、カワハギという名前が付けられました。カワハギは、東シナ海・台湾・日本沿岸など、とくに南の海に多く生息しています。
カワハギは、お煮付け・刺身・肝和え・肝蒸し・焼き物がオススメです。南蛮漬けやマリネにしても、おいしくいただけます。タンパク質・EPA・DHAが豊富に含まれています。
良質なカワハギの見分け方は、身が引き締まり、弾力性があるもの、皮のツヤがよいものを選ぶといいでしょう。

カワハギのレシピを検索!又は かわはぎのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺