スポンサーリンク

海栗(うに)

スポンサーリンク

海栗(うに)

海栗(うに)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 120(kl) 16(g) 4.8(g) 3.3(g) 12(mg)
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 120(μg) 0.1(mg) 0.44(mg) 3(mg) 0.9(g) 0(mg)

海栗(うに)の栄養と効用

うに(海栗)は、ウニ網に属する棘皮動物を総称したものです。その種類には、エゾバフンウニ・バフンウニ・アカウニ・ムラサキウニなどがあります。全身がトゲで覆われており、その中の身を食べますが、生殖巣と呼ばれる卵、または精子が作られている部分を食べます。見た目だけでは、卵か精子かは判別できません。
うに(海栗)の瓶詰の加工品や寿司のネタによく使われています。うに(海栗)の種類の中で唯一、ガンガゼは、毒が含まれています。
うに(海栗)に含まれる栄養素は、タンパク質・脂質・炭水化物・カリウム・亜鉛・鉄・βカロチン・ビタミンA・ビタミンB2・葉酸などです。風邪の予防、貧血予防、美肌作りに、目の疲労回復や視力の低下を防止する食材としても、最適です。

海栗のレシピを検索!又は うにのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺