スポンサーリンク

鰻(うなぎ)

スポンサーリンク

鰻(うなぎ)

鰻(うなぎ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 255(kl) 17.1(g) 19.3(g) 0.3(g) 130(mg)
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 2400(μg) 0.37(mg) 0.48(mg) 2(mg) 0.5(g) 0(mg)

鰻(うなぎ)の栄養と効用

鰻(うなぎ)は、ビタミンA・ビタミンB群の栄養が豊富に含まれている食材です。スーパーで販売されているものは、養殖モノで中国産はやや値段が安く手に入ります。
鰻(うなぎ)に含まれている油は良質で、血行をよくする効果があるとされています。
ビタミンAは、お肌のうるおいを保ち、皮膚の状態をみずみずしく保つ作用があり、ビタミンB1には、疲労回復効果が期待されます。さらに、カロチンが含まれており、ガン予防・抑制効果があると言われています。
鰻(うなぎ)は、日本の最古の歌集である万葉集にも詠まれています。7月の土用の日に食べることから、この頃が旬の時期と思われていますが、実は年間を通して、ほとんど味が変わることなく、いつでもおいしく食べられます。

鰻のレシピを検索!又は うなぎのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺