スポンサーリンク

蛤(はまぐり)

スポンサーリンク

蛤(はまぐり)

蛤(はまぐり)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 38(kl) 6.1(g) 0.5(g) 1.8(g) 130(mg)
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 11(μg) 0.08(mg) 0.16(mg) 1(mg) 2.1(g) 0(mg)

蛤(はまぐり)の栄養と効用

蛤 (はまぐり) は、マルスダレガイ科ハマグリ属で二枚貝の一種です。近年は、海水の温暖化や海の水質汚染の影響を受けて、収穫量が全国的に減少傾向にあります。日本以外では、朝鮮半島でも見られます。大きさは約8センチですが、8センチの大きさに成長するまでには、5年ぐらいかかります。近年は、朝鮮半島や中国大陸で獲れたシナハマグリやチョンセンハマグリと呼ばれる蛤 (はまぐり) が、輸入されるようになりました。シナハマグリはチョウセンハマグリよりも小さく、色はうすい茶色です。
漁獲量を比較すると、1920年頃には約7,000トンでしたが、2000年以降は約1,500トン程度にまでになりました。
蛤 (はまぐり) は、十分に砂出しをして、日本酒で蒸し煮にして食べるとおいしくいただけます。お吸い物にしてもいいでしょう。カルシウム・鉄などのミネラルが豊富に含まれています。

蛤のレシピを検索!又は はまぐりのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺